目の下にあるしぶといクマを治療で消して若返ろう

黒だけじゃない

どのタイプなのかを観察します。

目の下にできる黒や青白い影、いわゆる「クマ」ですが、年齢に関わらず、できていると何だか疲れて見えてしまいます。それに、印象も良くないので、どうにかしたいと考える人も多いでしょう。 とりあえず女性の場合は、メイクをして誤魔化すことはしていても、根本的な改善には至らないようです。 クマには大きく分けて二種類あります。 まず、青白いクマができるのは、目の周りの血液の流れが滞っていることが考えられます。 それに対して、目の下に黒く見えているクマは、新陳代謝が悪くなり、色素沈着によってできてしまうようです。 前者は若い人に多く、年齢を重ねるにつれ、後者のようなクマになるようです。 これらはそれぞれ治療法が違ってくるので、自分はどちらなのかを見極めると、適切な治療ができるので、結果として早く治すことができるのです。

自宅でもできる治し方。

血流が悪くなることでなっているのなら、治療法としては、それを解消すれば良いわけです。 そのためにはまず、程良く温めたタオルを、目の周りに当てておくと効果的です。あまり熱いものだと、火傷の心配がありますので、気持ち良いと感じられる温度にしておきましょう。 喫煙の習慣があるのなら、できるだけ控えるようにしたいところです。ニコチンを摂取すると、血管が収縮して、血液の流れが悪くなるからです。 色素沈着の場合に行う治療は、普段から目のまわりをこするクセのある人は要注意です。また、乾燥も良くありませんので、保湿クリームなどを使って、常に潤すようにしておきたいです。 どちらの場合にも言えることですが、睡眠や栄養の不足は大敵なので、好き嫌いを無くし、早寝の習慣をつけるようにすると良いです。